アンチエイジング研究所-美容コンサルタントによって作られたエイジングケア情報サイト

シミができる原因って?

しみの原因4選

しみができてしまう原因として、よくある原因が4種類。

1番多い原因としては『紫外線』が考えられます。他にも、ホルモンバランス、ストレス、ニキビなどがしみの原因になっている。

原因① 紫外線

メラニン色素には紫外線からお肌を守るという大切な役割がありますが、メラノサイトから放出されて表皮細胞に入り込んだメラニン色素が、お肌に入りこんだ紫外線を吸収することで細胞の損傷を防ぐのです。
通常、ターンオーバーによってメラニン色素ははがれ落ちますが、ターンオーバーが乱れたり、生活習慣が乱れることでしみが発生。

ecalic002_013紫外線によるしみの原因と改善方法

原因② ホルモンバランス

紫外線を主とするしみとは違い、女性ホルモンが原因で発生するといわれているしみが「肝斑」です。肝斑は顔に淡褐色のしみとなって現れるもので、30~40代の女性に発症することが多いよう。黄体ホルモンといわれているプロゲステロンのバランスが崩れることによって、肝斑が発生します。ピルを服用することで、色が濃くなることも…。

ecalic002_013ホルモンバランスによるしみの原因と改善方法

原因③ ニキビ

ニキビ跡から茶色や紫色のしみへと色素沈着してしまうことがあります。茶色い色素沈着の場合はメラニンが元となっており、赤紫っぽい色素沈着の場合はヘモグロビンが元となっています。色によって治療法が異なるため、まずはご自分のニキビ跡によるしみがどのタイプなのかを知ることが大切です。

ecalic002_013ニキビによるしみの原因と改善方法

原因④ ストレス

長期間ストレスを溜めこむことで男性ホルモンが分泌されるようになり、その指令を出している脳下垂体の隣りにある中葉という部分が誤作動を起こし、メラニン色素を生成する指令を出してしまうのです。ストレスを感じている方は、しみにも注意が必要!

ecalic002_013ストレスによるしみの原因と改善方法


肌質別メニュー

PAGETOP
Copyright © アンチエイジング研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.