アンチエイジング研究所-美容コンサルタントによって作られたエイジングケア情報サイト

原因① 紫外線

シミの一番の原因は『紫外線』!

紫外線はシミや肌老化の原因の一つです。

特に紫外線A波(UV-A)は肌の奥(真皮)にまで到達し、肌のハリや弾力をキープする コラーゲン線維やエラスチンを傷つけてしまう上、真皮層でこれらを生成する線維芽細胞にダメージを与え、コラーゲンやエラスチンを生み出す力も衰えさせます。

このほか、肌のシミやくすみを生み出す紫外線B波(UV-B)も美白の敵!!

紫外線ケアはしっかりと行いましょう。

なんでシミができるの?

一般的には、紫外線を浴びる量が少ない時期になればメラニン色素の生成もゆるやかになり、メラニン色素の表皮細胞はターンオーバーではがれおち、紫外線を浴びる前の白さに戻ります。

このターンオーバーが乱れることでシミが発生年を取りターンオーバーが乱れたり、生活習慣の乱れからターンオーバーが異常化したりすることでシミのできやすいお肌になってしまうのです。

紫外線の多い時期とは?

UV-Bは天気や季節により照射量の変動がありますが、5~9月頃が最も注意すべき季節

一方、UV-Aは曇りの日や室内、車の中にまで届き肌にダメージを与えてしまうので、 一年中日焼け対策を行う必要があります

紫外線対策をしてシミの発生を防ごう!

しみを防ぐために最もしておきたいのが、紫外線予防です。では、どういった対策で紫外線をしっかりと防ぐことができるのでしょうか?

日焼け止め

日焼け対策にはまず日焼け止めを塗ることが最も簡単で続けやすい対処法ですが、敏感肌や刺激に弱い肌の人にとっては、日焼け止めに含まれている紫外線防止成分の紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が肌トラブルの原因になることもあり、日焼け止めを選ぶ際にはその成分に気をつけることも重要です。

SPFやPAの数値が高いと肌への負担も大きく、毎日の洗濯や1時間以内の外出など日常生活では、SPF20以下、PA+でも十分紫外線は防げると考えられています。
日差しが強ければSPF30、マリンスポーツやスキーなどに出かける際はSPF50でしっかり日差しをブロックしましょう。

美白効果の高いスキンケア用品

うっかり紫外線をあびてしまったなら、すぐに美白効果の高い美白剤でのケアが必要です。
美白剤にはメラニン色素の成長を抑える効果があるので、できるだけ早く使い始めることが大切です。

肌質別メニュー

PAGETOP
Copyright © アンチエイジング研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.