アンチエイジング研究所-美容コンサルタントによって作られたエイジングケア情報サイト

間違ったケアで老化が加速・・・?『肌老化の要因』

肌老化の要因5選

肌のエイジング(老化)の主な要因は、「光老化」「酸化」「乾燥」「菲薄化(ひはくか)」「糖化」の5つです。この各要因が絡まり合って、しわ・たるみ・シミ・ハリ低下・ほうれい線・くすみなど、いろんな肌のトラブルが現れます。

500_10522419

アンチエイジング世代向け化粧品は、すべてこの5つの要因のうち、どれか(もしくは複数)の悩みを持つ方に向けてつくられた化粧品です。自分に合ったスキンケアを見つけましょう。

ecalic002_013光老化

紫外線を長年浴び続けることで、シミやしわ、たるみなどを引き起こしてしまう現象を「光老化」と言います。

紫外線にはUV-AとUV-Bの2つがありますが、老化により密接に関わっているのはUV-Aです。UV-Aは肌の真皮にまで到達し、肌のハリを保っているコラーゲンとエラスチンの2つの線維を破壊することで肌にたるみやシワをもたらします。一方、UV-Bは真皮にまで到達しませんがシミの原因となります。

ecalic002_001光老化へのアプローチ成分:「m-トラネキサム酸」や「レチノール」など

ecalic002_013酸化

金属や食べ物などは長く空気にさらされると酸化し錆びてもろくなったり変色したりします。肌の細胞も酸化によって衰え老化しますが、空気に触れることによって起こるわけではありません。

呼吸によって体内に運び込まれた酸素のうち、エネルギーとして使いきれずに残ってしまったものが活性酸素へと変化し、脂質と結合して細胞を酸化させます。これを「肌の酸化」と言います。細胞が酸化すると、真皮のコラーゲンが硬くなって弾力が低下するなど、老化が進行していきます。

ecalic002_001酸化へのアプローチ成分:「ビタミンE誘導体」や「αリポ酸」「コエンザイムQ10」など

ecalic002_013乾燥

角質層の潤いを保つ天然成分が20歳をピークに減少していくことによって肌の乾燥が生じます。

肌が乾燥すると、コラーゲンやエラスチンを補給する線維芽細胞の活動が鈍くなり、その結果として肌にたるみやシワがみられるようになります。肌の乾燥には、油分や水分よりもセラミドなどの保湿成分を含んだ基礎化粧品を使うのが効果的です。

ecalic002_001乾燥へのアプローチ成分:「セラミド」「グリセリン」「酵母エキス」「ヒアルロン酸」「ローヤルゼリーエキス」など

ecalic002_013菲薄化

「菲薄化」とは聞きなれない方もいるかもしれませんが、加齢と共に真皮のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、表皮が薄くなっていく現象を指します。

これと密接に関わっているのが女性ホルモンで、20〜30代をピークに女性ホルモンの分泌が減ると、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど、肌の土台を作る成分が減少します。また新陳代謝も悪くなっていくため皮脂線の活動が鈍くなり、皮脂を生成する速度も遅くなります。

その結果、新しい細胞を作り出す力も弱まって肌が徐々に薄く痩せていき、肌の弾力がなくなったり、たるんだりします。皮膚の薄さに個人差はありますが、紫外線などで細胞が傷つき菲薄化を早めてしまうこともあります。

ecalic002_001菲薄化へのアプローチ成分:「コラーゲン」

ecalic002_013糖化

「糖化」とは、体内にあるたんぱく質が、食事などによって取り込まれた糖と結びつくことで、糖化したタンパク質(AGEs)が生成され、体内に蓄積してしまう現象を指しています。

糖化生成物は褐色なので糖化が進むと肌を黄色くくすんだ色に見せ、老けた印象を与えてしまいます。また、糖化生成物は一度出来てしまうと分解されずどんどん蓄積されてしまう上に、コラーゲン同士を固めてしまい、ハリのなさやたるみの原因となります。

ecalic002_001糖化へのアプローチ成分:各企業がオリジナルで開発しており、ポーラの「ヤック」や「EGクリアエキス」、ロート製薬の「アルサージ」など


肌質別メニュー

PAGETOP
Copyright © アンチエイジング研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.