アンチエイジング研究所-美容コンサルタントによって作られたエイジングケア情報サイト

美白効果があるって噂だけど・・・

美白に効くと言われているスキンケアコスメって?

実際に使ってみて美白効果があったスキンケアブランドをいくつかまとめてみました。

アルビオン エクサージュホワイト

エクサージュ ホワイト

特徴1 植物エキスで美白&保湿

アルビオンのシリーズの最大の特徴は、植物由来の美容エキスを多く含んでいることです。

特に、森の看護師という別名を持つシラカバは、ヒトの肌と相性の良いミネラルを樹液に多く含んでいます。ガンの民間薬としても着目されているこの成分は高い保湿効果を発揮し、肌を健やかにすると同時に、美白ケアもしてくれます。

特徴2 乳液を先につけて肌を整える

アルビオンでは、はじめに乳液をつけて肌を柔らかくし、その後の化粧水や美容液の浸透をよくするのが特徴です。

油分の多い乳液が先?とはじめは驚きますが、実際につけてみると保湿度が明らかに違うようです。

口コミ ●エクサージュを使ってから肌が柔らかくなって肌荒れもしなくなった
●肌を柔らかくしてくれるので、肌がしっとりした感触になります。
●洗顔後最初に乳液を使用することによって後からつける化粧水がグングン浸透しているのが分かります。肌がモチモチします。

資生堂 HAKU

HAKU3

特徴 HAKUは、大手化粧品会社資生堂のシリーズです。

日焼けの色は戻るのにシミは残ってしまう、という疑問からシミ肌特有のメカニズムを研究。メラニンが肌に根付く前にブロック。

美白成分 4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)とトラネキサム酸で美白を促します。
口コミ ●赤くなってしまいましたもともと皮膚が薄いので私には強かったということかもしれません。
●とろみがありうるおい効果が高い。夏でも冬でも季節を問わず使えそう。
●洗顔やクレンジングで取りきれていない汚れもしっかりと取れて、透明感のある肌になっていると思います。拭き取りなのに保湿力が高く、肌に水分がとどまっているのを実感出来ます。

カネボウブランシール スペリア

burann

特徴 マグノリグナン+バイサミンで効果アップ

チロシナーゼの成長を阻害するマグロリグナンに加え、表面に留まり厚く硬くなった角層を柔らかくし代謝を促進する効果のあるアミノ酸「バイサミン」で、肌そのものを健康にし、美白肌を作ります。

美白成分 チロシナーゼの活性化を抑制し、チロシンがメラニンと結びつくのを防ぎ、メラニンを育たせない、というカネボウ独自ロドデノールが美白へと導きます。
口コミ ●自称鈍感肌の私が、ここまで合わないと感じたのは初めてです。敏感肌の人には絶対お勧めできません!!
●美白効果に関しては、私は年齢の割にはシミが少ないといわれますが、これのおかげかも?
●すーっと浸透してくれるし、頬の赤みや毛穴の黒ずみが目立たなくなってきて肌の色ムラがなくなったような気がします。

カネボウ suisai(スイサイ)

suisai

特徴 「スイサイ(suisai)」は年齢肌を気にしはじめた大人のためのラインで、「水がめぐって彩りある肌」を目指しているそうです。

美白ラインのラインナップは化粧水・美容液、乳液、UV美容液の4つです。

美白成分 カネボウ独自の美白成分がロドデノールです。ロドデノールはシラカバ科の植物に由来した成分で、チロシナーゼの活性化を抑制し、チロシンがメラニンと結びつくのを防ぎ、メラニンを育たせない、という3つの働きで、シミを薄くします。
口コミ ●冬という季節でしたので、少し物足りなく感じました。
●さっぱりめな使用感で良かったです。春夏にはいいかも!
●敏感肌でかゆみがでやすい肌質なのですがこちらは刺激もなくしっとりが持続する、無香料でとても気に入りました。


肌質別メニュー

PAGETOP
Copyright © アンチエイジング研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.